格安航空券で有名なスカイマーク国内線を利用して東京旅行

欲しいサービスだけ買えるイメージ

だいたいインターネットでの航空券の予約ができるのが3か月くらい前なので、それくらいには確実に席を押さえときます。
さらにスカイマークでは『いま得』という割引料金があり、時期さえ選ばなかったら東京〜大阪間の往復料金が新幹線の片道運賃ぶんくらいで済む場合があります。
二つ目のメリットは、ややこしいサービスがない点ではないでしょうか。
普通の国内便でも海外に行くときのような豪華だったり、わずかな短時間でも軽食やドリンクサービスがついたり、アメニティグッズが豊富だったりといたせりつくせりのサービスをしてもらえる航空会社があります。
しかしそのようなサービスがかえって窮屈で、ご飯も自分で持ち込み、またはご飯を済ませてから搭乗するような方もいます。
実際私も飛行機内でご飯を食べると乗り物酔いになりやすいので、長時間飛行機に乗るのでなかったら食べたくありません。
過剰なサービスもないし、何かあれば手元の客室乗務員ボタンを押せば、係の人がすぐに来てくれるので困りません。
ドリンクも有料で機内販売されていますが、口さえ空いていなければ持ち込みが可能なので問題ありません。
サービス料を取られるくらいなら、サービスのない格安航空券で節約して乗ったほうがお得です。
一気に人が多く乗れるように、普通の航空機よりも座席が多く座席間が少し狭くなっていますが、二時間以内のフライトなら気になりません。
自分のことは自分で出来るサラリーマンのような、仕事で飛行機で国内を飛び回る職業の人にお勧めします。
その辺の教育が客室乗務員に行き届いてるのも大きいです。

東京に行くにはスカイマークが一番欲しいサービスだけ買えるイメージ障がい者や子供にもしっかりした対応